2019年09月16日

家計診断の結果は最悪だった

customer-2533659_1280.png


先日行った、家計診断の結果が出ました。

ファイナンシャルプランナーの方(以下FP)と直接お会いして、相談することができました。

家計の事は他人に詳しく話したりはしないものなので、私の経済観念がどれほどなのか比べようもありませんでした。

しかし、今回このような機会を利用して家族以外の第三者に、改めて意見されたことで新たな気づきがたくさんありました。

私は、こんなにお金に困っているのは全部旦那のせいだと思っていました。

FP曰く、もちろん悪いのは旦那なのだけど、私のお金の感覚や生活の状態もかなり異常な状態であるのにも関わらず、それに気づいていないと・・・

私は、結婚した当初からお金に苦労していて、この20年お金に困らない事は無かったと言いました。

20年変わらないのだから、この先変わることはないですよねっと愚痴をこぼしました。

FPは、20年の生活の中で徐々に普通の人の感覚を失っていってしまったんでしょうね。っと優しい言葉をかけてくれました。

うるっときたのも束の間、FPはカンクチョウさんのご家庭は直すところがありません。っと衝撃的な事を言いました。

家計を直しようが無いほど、最悪な状況だということです。

そして、気を悪くしないで下さいねと前置きをして、「離婚された方が、生活は楽になると思います。なぜ、嫌だ大変だと思いながら今の生活を続けているのか不思議です。普通なら、書き置きして家出するレベルです。」と言われました。

ですよね〜
私も、わかってはいたんですよ。
ずっと、離婚も考えていたし。

でも、先立つものが無かったんです。

ある程度お金を貯めてからと思っていたのに、なかなか貯められずに今に至っているんです。

<スポンサードリンク>




うなだれる私を見てFPは、今の状況を少しでもよくする為に私の言うことを素直に聞いて欲しいと言ってきました。

FPからの約束で詳しい内容は教えられないのですが、まずは収入を増やしましょうということで、すぐにでもWワークするよう言われました。

今から始めないと、10月末から始まる新車のリース料23,000円が払えなくなるからです。

それから、保険の見直しや食費の割り振り、買い物の仕方や滞納している諸々の支払いの対応策まで、それはそれは細かく指示してくれました。

それは、決して難しい事ではなく、普段の習慣をちょっと直したり行動を起こすことです。

そして、最後にFPは言いました。

「カンクチョウさんと同じくらいの年齢で収入の方は、皆さんご自分の時間を楽しんでいらっしゃいますよ。私は、カンクチョウさんはもっとご自分の幸せを考えていいと思います。」

やっぱり、そうだよね。
私、もっと幸せになっていいんだよね。

お金に困っている皆さん。
ぜひ、家計診断を受けて下さい。

厳しいことも言われるかもしれません。
でも、現実を受け止めましょう。

少しでも早く動いた方がいいです。
解決策は、必ずあります。

無料相談をしているサイトがたくさんあります。
利用しない手はありません。

どうか、お金の悩みから少しでも早く解放されますように。

<スポンサードリンク>




***********************
▼応援ありがとうございます▼

にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
▲ご覧頂きありがとうございました▲
***********************

*********<<バンドルカード>>***********
招待コード:sry5dz
(バンドルカードHP: https://vandle.jp/)
********************************************


保険見直しラボ
デオシーク




posted by カンクチョウ at 23:23 | 家計管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月16日

初めての家計診断

hands-1246170_1280.jpg


<昨日の記事の続きです。>

困窮する我が家。

なんとかしたい!

けれど、どこに相談すればいい?

ネットで検索していたら、こんなサイトを見つけました。

<本当にお金に困ったら相談【市役所でお金を借りる方法】:出典HP(https://www.okanenikomatta.net/)>

市役所でお金が借りられるなんて、初耳でした。

流れとしては、市役所で相談し社会福祉協議会で貸付けてもらえるようです。

条件があえば、ブラックでも借りられるようです。

興味ある方は、是非参考にしてみて下さい。

こういう、公的制度は知っているのと知らないのとでは雲泥の差です。

なのに、制度が利用できる対象でありながら、教えてくれない事って多いですよね。

頭の片隅に置いておくだけでも違うと思います。

このサイトで少し知恵を付けた私は、市役所へ行くなら市役所の「女性のための相談窓口」へも行ってみようと考えました。

お金の相談と、離婚の相談をする為です。

<スポンサードリンク>




「女性のための相談窓口」に予約のメールをしようかと思っていた時、NHKで「老後のお金の不安をどう解消するか。」という番組をやっていたのを思い出しました。

確かその番組で、各自治体にファイナンシャルプランナーがいて、定期的に無料で相談できると言っていました。

私は、「女性のための相談窓口」に行く前に、現在の家計診断と離婚しても子供たちを育てていけるのかを、地域のファイナンシャルプランナーに相談することにしました。

今までファイナンシャルプランナーに相談しようとは、あまり考えたことがありませんでした。

もちろん、その存在は知っていましたが、TVのCMの影響か保険の見直しのイメージが強くて、たいした保険も入っていないのに見直す余地などないわと必要性を感じていませんでした。

しかし、これまで自分でもいろいろ試して少しでも生活を良くしようと努力してきたものの少しも良くならず、私は心身ともに疲れ果ててしまい家計管理のプロからアドバイスを頂きたいと思うようになっていました。

せっかくの夏休みで時間があるので、「女性のための相談窓口」に予約を入れるのを一旦保留にし、ファイナンシャルプランナーに面談の希望メールを出しました。

初めての、家計相談です。

任意整理の事も包み隠さず言うつもりです。

<続く>

***********************
▼応援ありがとうございます▼

にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
▲ご覧頂きありがとうございました▲
***********************

*********<<バンドルカード>>***********
招待コード:sry5dz
(バンドルカードHP: https://vandle.jp/)
********************************************


保険見直しラボ
デオシーク


posted by カンクチョウ at 00:51 | 家計管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月17日

請求間近の中学校諸経費





とうとう、中学校の諸経費の請求が来週来ることになりました。

金額は、13,400円です。

昨日、学年懇談会があり発表されました。

昨年の4月は15,000円でしたので、それよりは安くなっていますが、中学校は毎月納入額が1万円越えで厳しいです。

でも、給食費の支払いが5月末からなので、その分を諸経費に充てられそうです。

不足分は、内職代から払おうと思います。

内職代は、TDR代に全額したかったけれど、諸経費代の方が大事です。

昨年の今頃のブログを読み返してみると、金策に四苦八苦している様子が伺えます。

一年経ち、長女も中学校生活に慣れ、見た目もすっかり中学生らしくなりました。

私も、安定しない副業の為内職を始めましたので、おかげで今年はなんとかやりくりできています。

借金を減らす方法というのは単純で、「支出を減らし収入を増やす」これしかありません。


昨日、本屋へ立ち寄った時にたまたま手にした雑誌に、こんな記事が書かれていました。

下流老人にならない為に、「60歳を超えても毎月10万円を稼げるようになること」

そうだ、漠然と将来への不安に怯えるよりも、「60歳を超えても毎月10万円を稼げる」ように今のうちから準備すればいいいんだ。

私は、「次世代シニア」と呼ばれる70年代生まれ。

次世代シニアは、20年後は貧困に陥ってる人が多いとも言われています。

でも、私たち世代はついてるかも。

ネット社会で年を取ることは、怖くないことなのかもしれません。

外で働くことだけが、収入の手段ではないからです。

お金の心配よりも、健康の方が心配かも。





***********************
▼応援ありがとうございます▼

にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
▲ご覧頂きありがとうございました▲
***********************

☆彡私もお世話になりました
街角法律相談所











posted by カンクチョウ at 08:02 | TrackBack(0) | 家計管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。