2017年02月25日

調子に乗りすぎた結果

<スポンサードリンク>




私は、前の職場で人生初のパワハラにあい適応障害を患って2カ月間休職しました。

その時の上司のことが今でも頭の中に残っており、日中仕事に追われるようなことがあると嫌な思い出となって表れます。

そうなると、私はパニック状態になり仕事がうまくこなせなくなります。

そんな時は、心療内科からもらっている頓服を服用し気持ちを落ち着かせるようにしています。

いつまでこのような状態が続くかわかりません。

心の病とは、こういうことなのかと自分がなってみて初めてわかりました。

先日、パワハラを受けた職場で一緒に働いていた事務員さんと、仕事が終わってから食事にいきました。

私がその職場を去る時に忘れていった、事務用品等の私物を全部まとめて持ってきてくれたのです。

その時に、私を攻撃していた上司が今はどうしてるのか聞いてみました。

すると、驚いたことに地方の現場に飛ばされたというのです。

私がその職場にいた頃、上司はやりたい放題で外国人職員に対しては差別的な言葉を発したり、私にも何かあれば怒鳴り毎日クビだクビだと言ってきました。
10月30日記事「初めてパワハラ受けました」

<スポンサードリンク>





元請会社にも自分の立場もわきまえず、言いたい放題文句をつけていました。

事務員さんの話によると、私が職場を去って間もなく現場で間違いがあったことが分かったそうです。

既に建築物の基礎は出来上がっており、地上部分の作業に取り掛かる寸前だったそうです。

元請からミスを指摘され、確認したところ明らかにこちらのミスで上司は責任を追及されたようです。

それで、元々元請会社からあまり良く思われていなかったこともあり、上層部の判断で地方に異動させられたようです。

栄転ではないので送別会も開かれず、上司が異動になることを悲しんだり寂しいと言う人は誰一人としていなかったそうです。

良い波に乗るのはいいけれど、人をバカにして調子に乗るとこんなことになるのだなと、少し上司がかわいそうになりました。

我が家にも調子に乗ってるヤツが約1名いるので、そいつにも天罰がいつか下ってほしいと思います。



***********************
▼応援ありがとうございます▼

にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
▲ご覧頂きありがとうございました▲
***********************

☆彡私もお世話になりました
街角法律相談所



楽天カード

Tポイントがザクザクたまる!


マイメロ


posted by カンクチョウ at 10:38 | TrackBack(0) | パワハラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月30日

初めてパワハラ受けました

<スポンサードリンク>




今の職場に来てから2ヶ月が経ちました。

仕事は忙しいけれど、好きなCADの作業であり充実していると感じていました。

しかし、ここ一週間十分パワハラと認められる暴言を所長から浴びせられ困惑しています。

私は、派遣会社の正社員ですが、某有名ゼネコンの建設現場に派遣されてそこで仕事をしています。

所長とは、派遣会社の所長ではなく派遣先のゼネコンの所長です。

初めて会った時からあまり感じのいい所長ではありませんでしたが、これまでは私に直接被害があるわけではなかったので、言われたことをこなしていれば少々文句を言われても問題ありませんでした。

でも、この頃はだんだん慣れてきたのか、私にも平気で暴言を吐く様になりました。

先日も、私が打ち合わせ用の図面の一部をファイリングしていなかったことに腹を立て、関連業者の人達も揃っている前で、「図面が入ってねえじゃねえか!馬鹿かっ!クソ!」と怒鳴られました。

この時は私が図面をファイリングし忘れたわけではありませんでしたので、所長のくれたリストに指示された図面がなかったことをその場で伝えました。

すると、自分の間違いを私に指摘されておもしろくなかったのでしょう、さらに声を荒げて「ここの範囲の図面は全部入れとけって指示したはずだ!」と正当性を主張してきました。

私は、理不尽さを感じつつも「すみません」っと引き下がりました。

元々所長は、気分屋で気性が荒い性格です。

社内でもあまり評判が良くないようです。

仕事ができるのに上に行けないのは、問題行動が原因と言われているようです。

まぁ、私は派遣社員なので所長の会社の内部事情はわかりませんけれど。

それにしても、所長の気分次第で罵られるのは不愉快です。

私に限らず、自分よりも下の人には手当たり次第に暴言を吐きます。

現場には、外国人の方も働いておられます。

中国やベトナムなど、アジア地域の方が多いです。

所長の暴言は、人種差別ともとれるようなこともあります。

どのような失敗があったのかはわかりませんが、中国人の作業員の方に対して「中国へ帰れ!」と怒鳴っていました。

ベトナムの方に対しては「もう、二度と日本に来るな!」と言っていました。

最低最悪です。

この様な言葉を浴びせられた外国人の方は、日本を嫌いになってしまうと思います。

せっかく夢を抱いて日本に来たのに、こんな仕打ちってないと思います。

もし、本当に外国人作業員の方に落ち度があったとしても、別な言い方があったのでは?と思います。

それとも、土木建築現場ってこれが当たり前なのでしょうか?

そうだとしたら大変なことです。

ヘイトスピーチどうのこうのというよりも、日常的に職場で当たり前にこの様な暴言が飛び交っているとしたら、日本は人種差別国家のレッテルを世界から貼られてしまうかもしれません。

<スポンサードリンク>




先週は、本社から人員削減の通達があったらしく、夕礼の時中国人作業員の方に対して「お前、第一対象者だからな」と言っていました。

それって、みんなの前で言うことでしょうか?

夕礼終了後、私にも同じようなことを言ってきました。

「カンクチョウさん、今本社から人員削減の依頼が来ていて、切る人の名前をあげろって言われてるんだ。」と。

その時は、はっきり辞めて欲しいと言われたわけではありませんでした。

しかし、その2・3日後に、ファイル管理の作業を他の方がやっていたことを知った所長が、「カンクチョウさんにやってもらおうと思っていた作業は、もう完了したようなんだ。これで、カンクチョウさんも首の皮一枚になったなぁ。」と笑いながら話しかけてきました。

私は、相当悔しかったし腹立たしかったのですが、「そうですね、ヤバイですね」と返しました。

こっちこそ、こんな職場で働くなんて馬鹿らしいわ。

所長は現場で一番偉いかもしれないけれど、私たちは部下であっても奴隷ではありません。

所長の気持ち一つで、罵倒されたりクビだクビだと言われ続けるのはガマンできません。

これまで、所長のやり方がまかり通ってきたなんて信じられません。

上層部の人は、知らないのだろうか?

まずは自分の会社に相談しようと思います。



***********************
▼応援ありがとうございます▼

にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
▲ご覧頂きありがとうございました▲
***********************

☆彡私もお世話になりました
街角法律相談所



楽天カード

マイメロ


posted by カンクチョウ at 15:43 | TrackBack(0) | パワハラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。